ブランドを創って起業する方法

顔に責任を持つ

オトコが男に
「肌がキレイですね」と聞くのも
気持ち悪いので我慢している。

いつも血色がよく、元気満々のオーラが出ている方に
最近お会いする機会が増えたので、ふと考える。

普段、通勤電車や会社で見ている方々は明らかに
顔色が悪く、表情も暗くて、他を拒絶しているような顔つき、
それに対して
いわゆる自営の方、好きな事で喰っている方は
血色がよく、表情が豊かで、包容力のある顔つき。

両方に接点がある人間はマイノリティなので
この話がわかる人は少ない。
どちらか一方に所属する人は、きっと否定するはず。
両方に接点がある人間にしかわからない感覚。

私もそろそろ30代半ば
顔に責任を持たねばならない世代になりつつある。
娘が大きくなって、「お父さんみたいな人と結婚する!」と
言ってくれるのだろうか・・・